王子斎藤紙業株式会社

トップメッセージ

製紙原料のリサイクルを通じて循環型社会の発展に貢献します。

王子斎藤紙業のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

弊社は1964年(昭和39年)に設立され、以来、一貫して主要な製紙原料である古紙の集荷回収に取り組んでまいりました。我が国の紙製品に占める古紙利用率は65%程度となっており、主に段ボールに使用される板紙においては、古紙利用率が90%以上になっています。製紙原料としての古紙の重要性が高まっていく中、弊社では古紙の取扱量を増やし、製紙会社への安定供給に努めてまいりました。現在では関係会社を含めて14か所の事業所で古紙の集荷回収を行なっております。

古紙は発生物を集荷回収するため、需給のバランスを取るのが難しい商品です。新型コロナウイルスの感染拡大により2020年度の紙生産量は大きく落ち込み、古紙の発生量も大幅に減少しました。その後は紙生産量の回復に伴い古紙の需要は増えていますが、供給が追い付かず、古紙不足が顕著になっています。古紙は海外からの引き合いも強く、今後は慢性的な不足も予想されます。

このように状況下で、古紙の集荷競争が激しくなっていますが、弊社は安全・環境・コンプライアンスを経営の基軸として、広く社会に信頼される会社を目指しています。王子グループ製紙工場と連携した「オフィスで発生する機密書類」のリサイクルは、多くのお客様にご利用いただいております。需要家の皆様には今後も安定した品質の古紙をお届けすることにより、循環型社会の発展に貢献してまいります。

引き続き皆様のご愛願とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2022年4月1日
代表取締役社長 野田 豊治