古紙四方山話

古紙四方山話

第61回 古紙の回収率 NO.2

古紙の回収率2007-7-17に、「第4回 古紙の回収率」で取り上げましたが早3年が経過し資料として最新の回収率を載せるべきと考え再度取り上げました。


註:古紙の回収率とは「国内で消費された紙・板紙重量のうち製紙原料として回収された古紙重量」と(財)古紙再生促進センターでは定義しています。





1961年から現在までの古紙回収を一言で言えば、2000年までは国内製紙メーカーの古紙処理設備の増強に沿って概ね回収量が増えてきたものの、2001年以降は中国を中心とした輸出市場が急速に拡大したため、国内古紙は買い手市場から売り手市場に構造変化を遂げたといえます。

続きを読む

第60回 ドイツの容器包装リサイクル

 ドイツの2008年一人当たりの紙の消費量は247kgと、日本(241kg)を若干上回る紙消費国です。そのドイツでは日本も手本(「廃棄物処理法」1993年)にした容器包装リサイクルシステムが出来上がっています。今回はそのドイツのリサイクルの仕組みをご紹介しましょう。


 高度成長期のドイツはゴミ回収が地方自治体に丸投げされ、どこの都市でも大量のゴミの山とその処分場に苦慮してきました。この問題解決のためにドイツは「包装廃棄物の発生抑止に関する政令」(1991年)を制定し、法的拘束力を持つ包装容器の回収システムをつくりだしました。この政令については、製造者の回収責任を明示したことが決定的に重要でした。企業側でも、エコロジーを無視しては経済活動ができない時代になったことを認識するようになってきました。

 製造業者は包装容器を回収する義務を負いましたが、業者みずから回収業務を行うのではなく、それを代行するDSD社という会社を設立しました。

続きを読む

第59回 水

イザヤ ペンダサン著「日本人とユダヤ人」のなかで、「日本人は水と安全はタダだと思っている」とし、当時の日本人の“常識”に対し警鐘を鳴らしました。40年たって、日本人が日常的にコンビニで「ミネラルウォーター」を買う時代となり、意識もだいぶ変わってきました。少なくともタダではないという意識にはなっています。じゃー、世界の水の現状はどうなっているのだろうかという疑問に対して一つの答えが前回の話題「仮想水」を取りあげた同じナショナル ジオグラフィック誌4月号に出ていましたので、今回は古紙の話ではなく、「水」を再び取り上げてみます。


 その前にまず、地球の水の話。地球上の水の97.5%は塩水(海水を含む)で、残り2.5%が淡水。淡水の内、約7割が雪と氷という形で凍っていて、残りの地表水と地下水はごくわずかだそうです。つまり、地球の水全体の1%足らずが利用できる淡水です。量にすると3京5020兆立方メートルといわれています。数字を挙げれば普通はイメージが湧くものですが、「京」の世界では全くピンときません。

続きを読む

第58回 仮想水

普段の生活に用いられる食品や日用品は、それらの商品を生産するために多量の水を消費しています。日頃の私たちの暮らしのなかでは見えませんが、間接的に消費しているそれらの水は仮想水(Virtual Water)と呼ばれています。 
ナショナル ジオグラフィック誌の最新号(2010年4月号)には、身近な食品や日用品の仮想水の試算が載っています。


1.肉;1kgの生産に必要な仮想水。家畜が飲む水、飼料栽培のための水、飼育場の清掃用の水が含まれる。


15,497 ℓ 牛肉
6,309 ℓ  豚肉
3,918 ℓ  鶏肉


2.畜産物・加工品;1kgの生産に必要な仮想水。家畜の飼育用、食品加工用の水が含まれる。


11,535 ℓ  ソーセージ
4,914 ℓ  プロセスチーズ
3,340 ℓ  鶏卵
1,151 ℓ  ヨーグルト

続きを読む

第57回 紙の消費減少

 古紙問屋の立場からみると古紙は商品そのものです。その商品の発生が最近ジワジワと減っています。2009年、古紙回収率は79.7%と過去最高を記録しましたが、古紙回収量は21.6百万トンと回収量が最高だった2007年23.3百万トンを7.2%下回り、2004年(21.5百万トン)のレベルまで下がりました。


 古紙の回収量は、国内で消費される紙の量、つまり、紙板紙の内需の影響を受けます。その国内の紙板紙需要は2007年(31.9百万トン)から下がり始め、世界同時不況の大波を受けた2008年から2009年にかけて大きく落ち込み、その流れがとまらず今日まできています。
日本製紙連合会がこの1月に纏めた2010年紙板紙内需試算を見ても27.6百万トンと2009年から微減の予想です。
品種ごとの傾向をみると紙では新聞用紙と印刷情報用紙が2007年から減少傾向が続いてとまりません。新聞と出版に何が起こっているのでしょうか。


 この一年間の需要動向について、特に、新聞・出版に関係する本・雑誌が立て続けに出版されています。その中で本稿に関わるところをご紹介します。


「新聞・TVが消える日」猪熊建夫著 集英社新書(2009年2月)
・著者は、今日の電子メールやブログの隆盛から、若者や青年を「活字離れ」「文字離れ」と決めつけるのはやめたほうがいいとし、新聞、本、雑誌からの「紙離れ」が正解としている。

  
「2011年 新聞・テレビ消滅」佐々木俊尚著 文春新書(2009年7月)
・著者が、2008年からアメリカで始まった新聞業界の地滑り的な崩壊は、3年遅れの2011年、日本でも起きる、と予言。その崩壊とは、米国の新聞業界が得ていた年間160億ドル(1.4兆円)の広告費が2004年からものすごい勢いでインターネットの無料広告に浸食されてきており、この無料広告が米国の新聞業界を破滅に追いやろうとしている、と指摘。

続きを読む

第56回 食べられる紙

以前、中国の露天商が、段ボールを挽肉に混ぜて肉まんとして売っていたというニュースがありました。これは、段ボールを苛性ソーダで溶かして騙して食べさせたということですが、今回の話はそうではありません。他に食べ物がなくて仕方なく、というお話です。


以前ご紹介した紙の博物館編「紙のなんでも小事典」に「食べられる紙」と題して人間がその昔、紙を食べたという記録が紹介されています。


江戸時代後期、ペリーが浦賀に現れる少し前まで活躍した佐藤信淵(さとうのぶひろ) という学者が1827年に著した経済書『経済要録』の中で述べたものです。以下、引用します。

続きを読む

第55回 紙の特徴(紙はどのくらいの水を吸うか)

王子製紙は昨年「紙の知識100」という本を上梓しました。その中にこれまでの「紙」に関する本とはちょっと違った視点で紙の特徴について述べた箇所がありましたので、ご紹介しましょう。題して、「紙はどのくらいの水を吸うか」です。以下、しばらく引用してみます。


「生活の中で利用されている、ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンタオルなどの紙。これらの多くに、パルプの優れた吸水特性が利用されています。
いまは目にすることもなくなりましたが、特に吸水性を高めた紙として『吸い取り紙』というペン書きインキを吸い取るものもありました。
では、紙はどのくらいの水を吸うことができるのでしょうか。
乾燥した紙を平均的気候条件(気温20℃、湿度65%程度)の部屋に長時間置くと、紙の水分は約9%で落ち着きます(平衡水分といいます)。
例えばティッシュは、紙から水が垂れ落ちない限界としてざっと90%まで水分をふくむことが可能です。紙は最初から約9%の水を含んでいますので、100gのティッシュのうち乾燥している部分は91gであり、これが水分を90%含んだ状態になるとティッシュは910gになります。100gのティッシュが水を819g吸収したわけで、つまり、ティッシュはもとの重さの約8倍程度の水を吸い取ることができるわけです。」

続きを読む

過去の記事を読む

古紙四方山話

四方山話を探す
Feeds

Page Top